点群データ

ここで紹介している3Dのデータは、建物や道路、地物などの表面をスキャナーを使ってスキャングしたものをデータにしています。
一般に使われているなじみのあるスキャナーでスキャニングしたデータと違う点は、データにするときに、平面的にスキャニングするのではなく、その位置と高さを点のデータとして3次元的にスキャニングします。
この点のデータの集まりを点群データといいます。
当たり前のことですが、スキャニングする機械も方法も一般の物とはちがいます。
このホームページの上の写真が、位置と高さをスキャニングする装置です。


コメントは受け付けていません